中医学

    私が見た中国医学


    1978年、"長野県日中友好協会界各界代表団"の一員( 医療関係)として
    私は初めて中国へ行き、広州、桂林をたずねた。




  1.中国との出会い



  思い出の広州・桂林

  1978年3月28日から11日間にわたって「長野県日中友好訪中団」 (一行29名) は風光明媚な中国華南を訪問した。天下の絶景、桂林、漓江の舟下りは最高の思い出である。


  漓江に想う・・・私の見た中国

  中国を友好訪問して       

 我々は、三月二十七日から四月六日迄、長野県日中友好訪中団の一員として、香港経由で広州桂林を訪問した。その中で私は医療関係についてふれてみたいと思う。桂林では、山水画を見ている様な風景を満喫し、その中で生活している農民の姿を見、そこで私は初めて中医との出会いが出来た。団員の中で腹部、腰部から下肢にかけて痛みを訴える団員が、ホテルへ中医の往診を依頼し身近に治療を見ることが出来た。中医は五十才を過ぎた女性で、彼女は十三才の頃から中医学を父親から学んだとの事であった。別に中医学院を卒業した訳ではないとの事で家では代々中医を受け継いで来たとの事でした。彼女は病院で三十余年も仕事を行い針麻酔、耳鍼なども行っているとの事であった。団員の治療法は、鍼を用いるのではなく、五mm程度の円柱の磁石を用い、それを各経穴におき、電気を通電する方法であった。取穴は足の三陰交、足の三里、そして腰部の三焦兪であった。通電時間は三十分程度であった。彼女は我々の質問に誠意をもって答えてくれたが、通訳の関係上、不明な点があったがどうして、この経穴を選んだか詳しく理論的に説明してくれた。団員の痛みは軽快した。広州では、広州第一病院を訪問した。この病院はベッド数七五〇、従業員一三〇〇人、外来患者は一日三〇〇〇人と聞いた。
病院には内科、外科、産婦人科、小児科、五管科(五管科とは、日本の眼科、耳鼻科などを含めたもの)、神経科(脳外科)などの総合病院であった。建物は古く解放前からあった物を解放後総合病院として生まれ代えた物である。又この病院には副団長の山口先生が入院されていた。我々はここで外科手術を二つ見学する事が出来た。一つは甲状腺摘出術であり、もう一つは心臓弁膜症の手術であった。それも鍼麻酔だけで行ったものである。まず患者の合谷と三陽絡に鍼をさし電麻器で二十分程度おき、女医が胸部にメスを入れた。出血は少なく患者は目をパチパチし、まもなく肥大した心臓が見えた。団員は思わずつばを飲み込み見入っていた。心臓手術は一時間程度で終わった。甲状腺手術の患者は手術が終わった後、我々に手を振り病室に帰っていった。その後、我々は副院長と外科部長との話し合いを行った。鍼麻酔はどの程度使われているかとの質問に二十五%から三十%位であり、現在、研究中との答えであった。又前投薬は一切使わないとの事であった。

中医薬での麻酔も研究中とも話してくれた。私が医師との話し合いの中で、常に彼らは中医に学ばなければならないと繰り返していた。そして中国独自の医療を作り上げるために奮闘している姿が見られた。私は日ごろ東洋医学と西洋医学との結合は非常に困難な問題だと思っているのだが。

 この訪中を機会に翌年は医療訪中団を結成し雲南省の混明と四川省、成都、上海
などの大学や病院を見学した。
 1988年には佐久病院若月俊一院長(現在名誉総長)の推薦を受け中国衛生部の招待で北京の中日友好病院と北京中医学院に三ヶ月留学する事が出来た、
この時の訪中記も載せます


  中国研修

 昭和六十三年四月十二日北京。天気晴れ、真夏を思わせる暑い日である。空港ロビーへ出迎えにくるはずの、中日友好医院の人を探したが見当たらない。しかたなくタクシーで病院へ向かった。後で聞いた話だが、外事課の係が、五月十二日と勘違いしたとの事。中国ってなんてのんびりしたところだろう。
 私の宿舎は、リハビリ病棟の一室で、バス・トイレ付きしかもラジオ・テレビまで用意された部屋である。さっそく荷物の整理をし、ジャスミン茶を飲んでみた。「ん」やっと中国へ来た。と、そんな感じがした。夕食後、ナースセンターへ行き看護婦さんに、中国語で話しかけた(それほど喋れないのに、ただ、図々しさだけで)。それがそれが、なんと話が通じたのである。私の覚えた数少ない言葉をすべて並べて話しかけたのだが。しかし、看護婦さんと親しくなれた。同じリハビリ病棟に中医眼科入院中の五人の日本人がいることを聞き、すぐに訪ね患者さんと
話すことができた。内心ほっとした。異国に於いて、日本語で話ができたからである。
 また、翌日からの鍼灸科の研修で、ここにも日本語の上手な医者がいて、私の担当になってくれた。この先生は、日本に四ヶ月研修に来たことがあるとの事(これまた良かった)。外来は、一日六人の中医で三十〜四十人の患者を治療している。午前中は、八時から十一時頃まで長くても十一時半までである。昼休みは午後二時まで。午後の患者は五〜六人のみである。鍼灸科病棟のベッド数は十二ベッドあり、この入院患者を三人で治療するのでゆっくりと治療ができる。日本では考えられない。言い忘れたがこの病院のベッド数は千三百あり、職員は二千人を越すとの事、非常に驚きである。十四階建ての病棟を中心に並んでいる。佐久病院の三〜四倍はある。外来患者さんは、脳卒中(片麻痺)、腰痛、耳鳴り、眼科疾患(視神経萎縮)などあらゆる病気の人がくる。日本と違い診断も両手の脉と舌で病気を診る。そしてその人の体質「証」を取るのである。私も外来と病棟の患者さんの脉を毎日とっては、先生に聞き、指先がおかしくなりそうであった。中国での阿是穴(ツボ)を多く教えてもらった。また、日本からの患者さんは、眼科への入院であり視力が0.01〜0.4くらい。一人は全盲であった。
 私は一日の研修が終わると日本人患者さんとビールを飲んだり、北京市内へ食事に出かけた。道路は広いが以前よりも車の数が増えたのには驚いた。日本車が目につく。クラウン、グロリアの横を馬車がゆっくり走り、そして自転車。これがまた多い。歩道には信じられないくらいの人また人。目が回りそうである。食堂も三人連れの家族がこれまたあふれている。イス取りゲームをしているみたいである。中国人は、仕事や一般の生活はのんびりしているのに、食事やバス、地下鉄乗り場などは目茶苦茶の混み様である。日本のラッシュ時の山手線以上である。
午後五時頃からぶらぶらと散歩する人が多く午後十時を過ぎても人影が多い。これまた不思議である。私は鍼灸科の先生の家庭で何回か食事をした。一般の家庭は2DKが普通で、電化製品はテレビがあれば良い方である。先生の家は、日本製の洗濯機、冷蔵庫、ステレオがあった。中国としては贅沢である。二十歳のメイドさんもいた。
 食事や子供の世話は皆メイドさんの仕事だとの事。メイドさんが作るギョウザがこれまた美味しかった。ちょっと日本では味わえない美味しさである。ラーメンですと言われ、見るとスープが無い麺が皿の上にあるだけである。食べ方は肉や野菜を盛り付けて食べるのである。しかしこれはあまりうまくなかった。
 日曜日は、万里の長城や天安門、頤和園などへでかけたが、前回北京市内はほとんど観光巡りしていたので今回はあまり観光には出かけず、食べ歩きが多かった。その中の一つ傑作な事があった。私が帰国する前日、中国人の友達三人と日本人患者三人と私で夕食会を北京のホテルのレストランで行った。そこでフランス料理とワインを注文し、ご機嫌で話も弾み皆でくつろいでいた。そしてお金を払う時になった。チケットに二千元とある。全員が驚いた。中国では医者の一ヶ月の給料が百元から百五十元であり、一食の食費は、普通一元から十元であるからである。日本料理を食べても百元以内で間に合うのに、美味しかった料理もワインの酔いもいっぺんにさめてしまった。(一元は日本円で三十五〜四十円)私も財布に千元くらいはあったが・・・、慌ててみんなのお金を集めた。何とか支払う事ができた。中国にもこんなに高級な(値段が)レストランがあるとは思わなかった。病院に帰りビールを飲みながらみんなで笑いころげた。自分達にはフランス料理は高級すぎた。
 最後に中国研修を通じ中国人一人一人の優しさ、親切さをしみじみ感じさせられた。同じ顏で言葉だけの違う民族。何千年という歴史のある国。これからも中国と日本の友好を深めて行きたい。  (東洋医学研究所)

 この後も5、6回北京を訪ね顔なじみの先生から中医学を学ぶ事がで来た、又、気功も教えていたたき、今では気功教室を開いている、


      ここで気功について話をしておきます


気功は,古くから中国で行われてきた方法で,三千を超す気功が有ると言われています.
中国では,各流派ごと門外不出であった,近年になって数多くの気功が,紹介された.
私が気功にであったのは,今から20年ほど前の事でした.その当時は,まだ自由に中国へ行くことはできず,日中友好協会メンバーとして入国しました.
広洲のホテルの窓から公園を見ると何組かのグループが気功をしていました.
私も公園に出かけ,中国人に混じり身振り手振りでやってみましたが,ただラジオ体操をやっているみたいでした.
気功の知識もなくそれほど関心も有りませんでした.
その後中国へ針の勉強で何回か行き,北京の中日友好病院で気功治療を見学し,気功科の先生から気功の理論とやり方を
学ぶ事ができました.
こんな事が有ってから,気功に興味を持つようになって来ました.その後,日本国内でのセミナーに参加し,家に帰ってから,毎朝犬の散歩の時に田んぼ道で,覚えた気功を練習しました.
埼玉の帯津良一先生が経営されている病院にも出かけ気功を教えていただきました.
地元では,公民館活動の一つとして気功教室を始めました.



  
2,.人間は,自然界とともに   


中国医学は,二千年とも三千年とも言われています.当時の人たちは,天文学や大自然の営みをよく観察し身体との結びつきを
考えました.
四季の移り変わりから,樹木の生長する過程を,観察しました.
春には暖かい太陽の光をいっぱいに浴び,地面にしみ込んだ雪解け水を吸い上げ芽吹が始まります.生命の躍動感あふれる季節です.
夏には,日照りが続いて地割れができたり台風で洪水が起きたりします.
秋は,収穫の季節です.又,どことなく心淋しさを感じるときです.
冬が近づくに連れて木々の葉は落ち,やがてあたり一面銀世界となります.
このような大自然の移り変わりを大宇宙,人間の身体を小宇宙と考えました.常に人も草木もあらゆる生き物は,みなこの大自然の中で生きています.
ところで,小宇宙とは何か,さまざまな自然界の現象と身体とを関連づけた.
たとえば,日照りが続き地割れができる様な時は,身体ではどうでしょうか?水が足りないわけです.すなわち脱水状態です.
そうすると舌にわれめができるのです.
またこれと反対に,洪水などで田畑が水浸しになった時は身体ではどうでしょうか?手足がむくんだりお腹をたたくとぽちゃぽちゃ音がします.舌は大きく腫れぼったくなります.
5,6月の梅雨の頃はじめじめした日が続き,パンなどがカビたりします.身体では舌に苔が見られます. 
この時身体が冷えていれば白い苔があり、熱があれば、黄色い苔が見られます。
又、山火事があれば風が起きます。身体では日頃の精神的、肉体的、ストレスが長く続くと気の巡りが悪くなります。東洋医学では、ストレスは肝が一手に引き受けます。
そうすると肝の気が暴れはじめます。
本来肝気は上に登る性質を持っています。この肝気が頭まで上ると眼が充血し、やがて脳卒中になるのです。
さらに道路が土砂崩れなどで通行止めになったら、人も物資も滞ることになります。
これが、身体でいえば痛みや病気なのです。
道路の復旧工事をすれば物も人も通れるようになります。
この工事作業が、気功療法、針、灸、漢方薬、藥膳、に相当するわけなのです。



  3, 気功の三原則 


 [ 調心・調息・調身 ]
 
気功を行う時は、この三原則をまず覚えることが必要です。

 1、調心
まず心を落ち着かせゆったりとした気分になることです。頭の中でいろんな事が浮かんできます。これが当り前ですね。
こんな時私は、目を半眼にし、自分の一番好きな景色を思い浮かべてもらうようにしています。
お花畑、薄らと雪をいただいたアルプス、地平線に夕日が沈む所などです。 

 2、調息
気功では、呼吸が、大きな意味を持ちます。
方法は、腹式呼吸で行います。ところが女性はほとんどの人が、日常行っている呼吸は胸式呼吸なのです。
さて腹式呼吸はどのようにやればよいのでしょうか?
息を吸う時は鼻から静かに吸いながらお腹を膨らませていきます。また、息をはく時は口から糸を吐くようにし、お腹をへこませます。

 3、調身
立ち方は、足を肩幅に開き、足先は少しハの字型にします。お尻の穴をちょっぴり閉める感じで立ちます。肩の力を抜いて、背筋を伸ばします。

これが出来れば、気功も半分習得したみたいなものです。
気功は沢山の種類があります。自分にあった気功を探してください。


  準備式

 1、足は、肩幅に開き、つま先を、ハの字にし、膝、股関節の力を抜き、背筋をまっすぐにします。
 2、肩の力を抜き、両手の手のひらを外側にし、息を鼻から吸いながら、ひじを伸ばしたまま、体の外側から、頭の、上まで持っていきます、
手のひらを、下に向け、口から息を吐きながら、下腹部まで下ろします。
これを、2から3回、行います。

 私は、このような経験を通じ、日常の臨床に役立てています。
中国医学は難しいと思わない事が必要です。



佐久東洋医学研究所   
堀込雅彦