亡くなった人の祥月命日に追善供養をするための法要を年忌法要といいます。
祥月命日とは、亡くなった月日のことです。たとえば、ある人が5月14日に亡くなったとすれば、
毎年5月14日が祥月命日ということになります。


≪ 平成30年 から 平成32年 年回表 ≫


法要を
行う年
一周忌
三回忌
七回忌
十三回忌
二十三回忌
二十七回忌
三十三回忌
五十回忌
平成30年
(2018年)
平成29年没
平成28年没
平成24年没
平成18年没
平成8年没
平成4年没
昭和61年没
昭和44年没
平成31年
(2019年)
平成30年没
平成29年没
平成25年没
平成19年没
平成9年没
平成5年没
昭和62年没
昭和45年没
平成32年
(2020年)
平成31年没
平成30年没
平成26年没
平成20年没
平成10年没
平成6年没
昭和63年没
昭和46年没

  
年 忌 法 要 の 準 備

 まず日時や場所を決めなくてはなりません。日時は正しくは故人の命日ですが、都合で変更
しなければならないときは命日よりも遅くならないようにしましょう。


 場所は自宅や菩提寺が多いようです。自宅で行なうときはお仏壇を掃除し仏具も揃え、
線香・ローソク・花など準備しておきます。もちろんお墓も掃除しておきましょう。


 また、お寺に連絡して日時などの相談をする際、塔婆も用意していただくようあらかじめ頼んで
おきましょう。(浄土真宗では一般的に塔婆供養は行いません。)