ブライダル用Q&A

Q:結婚内祝はどう返すのが一般的ですか?
結婚のお祝いにいただいたお祝金・お祝品のお返しの際に、結び切りのしを付けて贈るのが一般的です。
通常のしを付ける際、のし上に『寿』又は『結婚内祝』と書きのし下に『両家の名前』又は『夫婦連名』で書いたほうがよいでしょう。
特に女性側の身内や知人の方が受け取った時、新しい苗字まで覚えている方は以外に少ない様です。
Q:結婚のお返しはいくら位が一般的?
一般的に『お祝返しは半返し』と言われるように金額の目安は頂いたお祝金・お祝品の半額以下で選ぶ方多いようですが、高額な品やお祝金をいただいた場合は半額にこだわらず無理のない範囲で誠意を込めお返しするようにしましょう。
お祝返しの商品はやはり記念に残るものや見た目が豪華なものが人気です。最近では『カタログギフト』を選ぶ方も多いです。続いて人気なのが実用的な洗剤ギフトですね。
Q:結婚式の引き出物はどう選ぶのがよいですか?
北海道の場合、引き出物は会費制が多いので夫婦で出席していただいた方へは別々の品物を付けたり、男性と女性で区別している方もおります。引き出物の金額は函館の場合、平均1,000YEN~1,500YENので記念に残る品や2個セットの品を選ばれる方が多いようです。
会費制の場合、会費とは別にお祝金・お祝品をいただく場合があり、お祝の半額以下を目安に結婚した日から1ヶ月以内にお返ししましょう本州では近しい友人などに心からお祝いしてもらえる招待制が大半です。
招待制の場合、引き出物は3,000YEN~5,000YEN位がよく出ています。本州では、頂いた方が好きな品物を選べる『カタログギフト』が最近とても人気のようです。オスカーでも人気の商品です。
Q:友人の結婚祝いに贈り物をする場合は?
結婚する方へお祝を贈るときは、結びきりのしを付けて贈ります。
のし上は『祝御結婚』、のし下は『ご自分の名前』を書きます。

寿Q&Aの最終更新日 : 2017-08-28



Q&Aで見つからない場合は
お気軽にご連絡下さい。

フリーダイヤル
0120-4646-40
( 渡島地域のみ )

お 問 合 せ 先
0138-41-8880
(その他地域の方)

LinkIconお問合せメールを送る